マンションを売却するときの査定のポイントとは

一般的な査定のポイントは、まずは立地

マイホームとしてこれまで愛着をもって利用していたマンションを手放す場合には、まずはその物件が中古不動産市場でいくらで売却できる可能性があるのかを正確に把握することが不可欠です。
もちろん不動産の売却というのは一生の間にそれほど頻繁にあることではありませんので、素人がその金額を自前で判断することは難しいのが実際のところです。
いちおうはマンションをはじめて購入したときの価格が目安にはなりますが、それはあくまでも購入当時の事情を踏まえての価格であって、現在も通用するとは限らないと考えておいたほうがよいでしょう。
そしてこの正確な価格がわからなければ、実際にチラシやインターネットなどに物件情報を掲載して新たな購入希望者を募集するのにも、売り出し価格を設定できないことになってしまいます。
このようなことから、マンションを売却する際にはまずはプロに依頼して物件の査定をするのが普通の段取りですが、依頼すべきプロとしては不動産鑑定士と不動産会社のどちらかが候補に上ります。
不動産鑑定士は正確で公平な物件の価値を金額で提示してくれますが、一般に数十万円もの報酬を支払わなければならず、事業主が都心の一等地や面積の過大な自社所有地を売却するなどの特別なケースでない限り、個人の立場で利用することはあまりないといえるでしょう。
そこで通常は地域にある不動産会社から適当なところを選んで依頼をすることになります。
この場合も査定のポイントはいくつかあり、会社によって結果が異なる可能性があることは留意しておくことがたいせつです。
マンションの場合の一般的な査定のポイントですが、まずは立地が挙げられます。

『不動産投資は儲かるのか?アパート経営にはプロの専門知識とノウハウが必要なのに素人大家さんが始めると危険!』https://t.co/aXaCGiANuu #不動産売却 #不動産査定 #マンション売却 #マンション査定 #不動産売却査定 #土地売却 #土地査定 #マネーのサプリ pic.twitter.com/Kfpg2LNmwC

— 【公式】『マネーのサプリ』【相互】 (@rIq3oXvdmjtMqfa) 2019年7月13日

一般的な査定のポイントは、まずは立地建物の専有部分について評価する場合のポイント査定といっても簡易と詳細のふたつのパターンがある